知っておきたい遺産分割の基礎知識

遺産は法定相続人が複数いる場合、遺産分割の協議によって分配されます。可能性のある人は、①配偶者、②子(子が死亡している場合は代襲として孫、ひ孫)、③父母(祖父母)④きょうだい(死亡の場合は甥や姪)に限られます。
子供がいない夫婦だと、夫亡き後、妻は夫の親かきょうだいと遺産分割することになります。嫁姑関係が悪いと、遺産争いに発展する可能性もありますし、夫婦で築いた財産を夫の親族に分与しなければならない事に違和感を覚える人もいます。
また、内縁関係のパートナーは戸籍上の配偶者ではないので、自動的に財産をもらう権利はなくなります。財産分与させたいのなら、あらかじめ遺言で指定しておく必要がありますが、法的に遺産分割する人が誰もいない場合は、内縁関係にあった人が「特別縁故者」と認定されれば財産が分与されます。内縁関係者と同様に、故人を療養看護した親族や知人、看護婦なども、特別縁故者と認められますが、遺言が無いのに特別縁故者に遺産分与出来るのは、法的に遺産分割する人が誰もいない場合に限られます。
プラス財産ばかりでなく、借金などの負債も分与されますので故人の負債が多い場合には遺産分与を放棄することも出来ます。af9920042558l