遺産相続で受け継がれる財産とは

親族の方がお亡くなりになった場合では遺産相続を受ける場面があります。相続に関しては対象者となる方は法律によって定められている部分がありますが、生前に遺言書などを作成している方の場合では、この限りではありません。実際に遺産相続で受け継がれる財産に関しては、例えば土地や建物等の不動産関連、自動車や貴金属などのいわゆる動産物、他には預金通帳など現金も当然ながら含まれることになります。その一方で負の遺産というものも存在している状況の方もいて、例えば連帯保証債務や未納税の部分、医療費などに関しても未払いとされる殆どの料金に関しても遺産相続としてそのまま引き継がれることが一般的になります。その結果としてマイナス部分がプラスよりも大きな方の場合では、いわゆる相続放棄を行うことも一般的に認知されています。また、祭祀具と呼ばれているものがあります。通常ではお墓や仏具などが対象とされており、先祖を祀ることが目的になるものが該当していますが、祭祀具に関しては遺産相続の対象外と見なされているために、注意が必要になります。遺産相続に関してはトラブルが発生しやすいものでもあるために、状態によっては家庭裁判所の利用によって円滑に行うことができます。af9920058177l

コメントは受け付けていません。