裁判で相続問題が争われるケース

裁判で相続問題が争われるケースとは、どのような場合がおおいのでしょうか。多くの相続問題の場合は、裁判まで発展せずに、相続人間の話し合いや、弁護士などの第三者を交えた調停によって解決することが多いので、裁判までいくというのは、相当揉めているケースといえるでしょう。
では、どのような場合かというと、多くが会社の経営権や不動産がらみのケースが多いです。単純に現金や預金であれば、価値がはっきりしているので、取り分で揉めた場合でも法定相続分に従って粛々と分割されるケースが多いですが、会社や不動産というのは、価値がはっきりとわかりづらいものです。会社なら株価、不動産なら路線価等の一応の目安はありますが、人によっては株価、路線価が低くても利益を生み出すことが出来るので、現金よりも会社や土地が欲しいという人も多いでしょう。
こういったトラブルになると、話し合いでは解決せず、裁判に持ち込まれることが多いです。裁判を行っている間、会社は混乱しますし、土地や建物を売却したりすることもできず、無駄に時間や費用が掛かってしまいます。
このような事態を避けるためにも、被相続人と相続人の間でしっかりと話し合いを行って、遺言書を作成し、誰もが納得できる相続の割合をあらかじめ決めておくことが大事です。

コメントは受け付けていません。