相続税と相続税対策について

相続というと、相続税が頭をよぎるという人は少なくありません。亡くなった人が親や親族の場合、相続税をどれ位払うのか心配になります。相続税対策としてマンションやアパート経営をすすめる広告もよくあり、土地の評価は路線価で決まりますので実際に売買される価格よりも低く評価される傾向にありますから、現金を財産として持つよりも、マンション購入の方が相続税の節税になるという考え方があるからです。相続税を払う場合、現金がなければ居住している土地を物納したり、売却して納税する事態も起こりますから、節税するよりも納税する現金を準備しておくことが重要です。
2012年に「社会保障・税一体改革」が閣議決定されて、相続税の課税対象財産の基礎控除が引き下げられることになりました。これにより適用される2015年以降は、課税される相続が倍増すると見込まれています。
相続税を計算するときには、亡くなった人の借入金などの債務を控除することが出来ます。また、生前にお墓を準備しておけば、その費用も控除出来ますから、相続税がかかりそうなほど財産があり、自分の入るお墓がまだない人は亡くなる前に購入しておけば相続税対策になるというわけです。af9920059239l

コメントは受け付けていません。