遺言と遺言書の書き方について

遺言とは自身の死後、財産をどのように家族に分かるかを決めておくことです。遺言を残したいのであれば、予め遺言書を作成しておく必要があります。遺言書は15歳以上から書くことが出来ます。
遺言書を書く場合は、法律に従って書きましょう。遺言書を書くのに用紙や筆記用具に決まりはありませんが、用紙は保存期間などを考慮して便箋やレポート用紙など丈夫な紙に書いて下さい。筆記用具は後から消すことの出来るペンや鉛筆の使用は避け、ボールペンなど字がくっきり残るもので書きましょう。また文頭に遺言書と書いておけば家族が読む際に分かりやすいでしょう。
遺言書は自分の手で書きます。代筆やパソコン、録画など自筆で無いものは公的に認められていないので注意してください。尚、遺言書が複数ある場合は日付が新しいものを優先しますので日付も書くようにしましょう。日付を書いた後は、氏名、住所、生年月日を書き、印を押します。印はなるべく実印を利用してください。用紙が2枚になる場合は用紙の境目にも印を押しましょう。
遺言書は事情に合わせて書き直す必要も出てきます。訂正する際は、以前書いたものを必ず破棄して下さい。
遺言書の内容は、遺された家族の生活を守れるように意識すると書きやすいです。その際、漠然と財産を相続するのではなく誰に何を相続するか明確にしておくとトラブルを減らすことが出来ます。また相手が貰って困るものは相続しない、不動産は共有しないなど受け取る側に考慮して書くようにしましょう。
譲る側も受け取る側もトラブルなく相続できるように弁護士などの専門機関と相談しながら作成するようにしましょう。af9920059352l

コメントは受け付けていません。