順位と分配について知ろう

相続においては、亡くなった人の配偶者や家族が相続人になりますが、その順位や分配方法については民法で決められてます。亡くなった人が遺言書を作成していれば、その規定通りに分け与える必要はなく、遺言書の方が優先になります。しかし、遺言書が出てこない場合は、民法上の順位や分配方法に従わないといけません。まず、どんなときでも配偶者は遺産の相続人になることができます。亡くなった人に配偶者以外の家族である子供や親兄弟がいなければ、すべての財産を相続できます。しかし、籍をいれていない内縁関係の場合は、相続人としては認められないため、ほかの親族に遺産を相続されることになります。そのため、内縁の妻や夫に財産を残す場合は、遺言書を作成しておくか、生前分与を行うのがおすすめです。相続の第1順位となるのは、亡くなった人の子になります。この場合は、実子と養子が該当します。婚姻関係をもっていない相手との間にできた子でも認知をしていれば、その子には相続人なることができます。亡くなった人が独身であった場合は、その人の親や祖父母の直系の親族が相続人になります。親や祖父母が亡くなっている場合は、兄弟や甥や姪が相続人になります。af9920059163l

コメントは受け付けていません。